クラック補修工程

こんにちは。

本日の写真は、アルミダイカスト金型のクラック部をレーザー溶接で
補修したいとご依頼いただいたものです。

社内で開先加工をおこない、レーザー溶接にて肉盛りしました。

開先加工については、該当箇所の形状、クラックの深さによりますが、
出来る限りクラックが目視で確認できない深さまでおこない
肉盛りするよう心掛けています。

お客様が何度も同じ箇所の補修をおこなうことがないよう、
1回の補修で生産までもっていけるよう全力で取り組んでいます。

レーザー溶接後

開先加工後

コメント


認証コード1942

コメントは管理者の承認後に表示されます。