樹脂金型の設計変更にともなうレーザー溶接

こんにちは。

本日ご紹介するのは、プラスチック金型の設計変更に伴う溶接補修例です。

形状の幅を0.2mm大きくしたいとのことで、両側の立壁を写真手前側と奥方向に
0.3mmほど肉盛りいたしました。
近くにあるピン穴には溶接がかからないこと、横の両サイドは面の中で溶接を
とめること、
ヒケを最小限に、特に上面では加工後溶接との境目が出ないよう丁寧に施工いたしました。

こちらは金型の入子で、手の平サイズのものを複数点ご依頼いただきました。
お引取りが難しいとのことでしたので、お客様のもとへ発送することになりました。

弊社は医療機器への溶接など、小さいワークへの溶接も多く承っており、
遠方のお客様とは宅急便でのやりとりも可能です。
静岡県外のお客様も、お気軽にお問い合わせください。

溶接前

溶接後

コメント


認証コード6928

コメントは管理者の承認後に表示されます。