レーザー溶接による形状復元

こんにちは。

樹脂金型の入駒の突起形状が根本から折れてしまい、周りの形状に影響のないよう
復元したいとのご依頼をいただきました。
アルゴン溶接で肉盛りした場合、近接している突起形状が引っ張られて
一体化してしまったり熱により変形してしまいますが、レーザーによって
丁寧に溶接することで、必要な部分のみを肉盛りしています。
高出力レーザー溶接機によりこのような大量な肉盛りもスピーディーに
施工することが可能です。

溶接前

形状の根元

レーザー溶接後

レーザーで補修することでその後の仕上げ加工がを最小限に抑えることができるため、
圧倒的に楽になり、経費の削減にもつながります。

3月は決算月のお客様も多く、とても多くのご依頼をいただきました。
私も引き取りや納品でお客様の元にお邪魔することも多く、大変勉強にまりました。

コメント


認証コード7360

コメントは管理者の承認後に表示されます。