鋳物へのレーザー溶接補修

こんにちは。

本日は、鋳造所様より鋳物への溶接補修をご依頼いただきましたので、
ご紹介します。

外径が300mmほどの鋳物製品で、ピンホールが出ている箇所に
レーザーで肉盛り溶接しました。
鋳物への溶接では、溶け込みの良いニッケルの溶接棒を使用しますが、
より密着性をあげるために溶接前にリューターで削ってから溶接しました。
納品後、外径を1.0mm小さく加工されるとのことで、溶接部にピンホールが
残っている場合は再溶接にて対応させていただき、お客様の満足いただける
仕上がりになるまで対応いたします。

最近は、金型以外にも鋳物や大型工作機械部品への溶接など
次々に新しいお仕事をいただきます。
お客様と打ち合わせの重ね、丁寧な溶接を心掛けています。

現在弊社では、新しい仲間を募集中です!
アーク溶接、半自動溶接、アルゴン溶接、レーザー溶接を極めて
弊社の戦力になってくれる人材を募集しています。
興味のある方は、工場見学だけでもぜひお問い合わせください!

ご依頼時

研削後

溶接後

コメント


認証コード5345

コメントは管理者の承認後に表示されます。