湯だまり入り口への溶接

こんにちは。

アルミダイカスト金型の湯だまりと呼ばれる部分への溶接依頼をいただきましたので、
ご紹介します。
金型の端までアルミが行き渡るよう製品部近くに湯だまりがつくられており、
そこに流れるアルミの量を調節したいとのことで溶接しました。
製品部に溶接がかからないよう、湯だまり入り口にレーザーにて溶接しています。
お客様のご指示の高さまで肉盛りしました。

溶接範囲や肉盛り量などお客様のご希望に合わせて、アルゴンとレーザーのどちらにするか、
または併用するかを打ち合わせさせていただきます。
ご注文いただく前に直接お客様の工場へお伺いして打ち合わせすることも可能ですので、
ぜひ一度ご相談ください。

湯だまり入り口への溶接

レーザー溶接

コメント


認証コード5819

コメントは管理者の承認後に表示されます。