レーザー溶接金型サンプル

面盛り・角盛り
面盛り・角盛り

エジェクタピンへの溶接
エジェクタピンへの溶接

銅合金への溶接
銅合金への溶接

アルミ合金への溶接
アルミ合金への溶接

レーザー溶接の特徴

  1. 熱による影響(変形、歪み、酸化)が発生しにくい
  2. 精密溶接が可能なため、後加工を大幅に短縮することができる
  3. 密着性が強く、剥離しにくい
  4. 母材と同じ材料での溶接が可能である

対応材料

クロモリ系ワイヤーS50C、SCM440、PX5、PXA30
析出硬化系ワイヤーNAK80、NAK55、CENA1、KTH01S
ステンレス系ワイヤーSTAVAX、HPM38、420J2
焼入系ワイヤーMAS1、SKD61、SKD11、DC53、RIGOR、DHW、FDAC、HPM1


レーザー溶接の高度で精密な技術

鋼材

SAMPLE 01

母  材/NAK
溶接材料/NAK
平面、角、三頂角肉盛り

【その他 溶接材料】
S50C・PX5・NAK80
溶接後硬度/HRC30~40程度

鋼材


焼入材

SAMPLE 02

母  材/SKD
溶接材料/SKD
刻印消し、円周肉盛り

【その他 焼入溶接材料】
SKD61・MAS1・STAVAX 等
溶接後硬度/HRC50~60程度

焼入材


銅合金

SAMPLE 03

母  材/MOLDMAX
溶接材料/MOLDMAX
点肉盛り

【その他 非鉄金属溶接材料】
溶接材料/BeCu、Al

銅合金


アルゴン溶接サンプル

PX5への肉盛り
PX5への肉盛り

PX5への肉盛りの断面
PX5への肉盛りの断面

アルミへの溶接
アルミへの溶接

アルミへの溶接
アルミへの溶接