エアベントの廃止のための溶接

こんにちは。

本日ご紹介するのは、樹脂金型のエアベントと呼ばれる部位を廃止するため、
溶接してほしいというご依頼品です。
プラスチック金型において、金型の中のガス抜きのためにエアベントが適切に
設計されていないと成形不良に繋がる等、エアベントの位置、幅は
とても重要です。
今回は、設計変更に伴い現在のエアベントを廃止したいとのことで、
溶接で肉盛りしました。

こちらは、先輩の指導を受けながら弊社の新人技術者がレーザー溶接にて施工したものです。
毎日社長や熟練した先輩方からの指導のもと、確実に腕を磨いています。
技術者も増え、より一層お客様のご要望にお応えできる溶接ができる充実した
体制を整えています。

レーザー溶接

コメント


認証コード8115

コメントは管理者の承認後に表示されます。