工業部品へのレーザー溶接補修

こんにちは。

本日ご紹介するのは、お客様より工業部品の穴のフチ部分の
加工を誤ってしまったため溶接で復元してほしいというご依頼です。

穴のフチは面取りされており、その面取り部分で溶接をおさめて
穴の内壁には溶接がかからないように、とのご指示でした。
その穴にはまる別部品との兼ね合いもあり、穴の内壁は加工をしたくないため、そのようなご指示をいただきました。
弊社の溶接は、全て手作業で位置決めし、レーザーを照射し、肉盛りしております。
そのため、「この部分には絶対に溶接がかからないようにしてほしい」や
「なるべくならかけてほしくないけど、溶接がかかってしまう場合は
どのような
仕上がりになるか事前に打ち合わせしておきたい」などお客様のご要望に
可能な限り合わせて生じる可能性のあるリスクは全て説明させていただき
ご納得いただいた上で施工します。
今回も、穴の内壁に溶接がかかってしまう可能性もあるというお話もさせていただきましたが、
お客様のご要望通りの仕上げりで溶接することができました。

溶接前

溶接後

溶接前

溶接後

コメント


認証コード3423

コメントは管理者の承認後に表示されます。