樹脂金型の入駒へのレーザー溶接

こんにちは。

樹脂金型の入駒へのレーザー溶接補修をご紹介します。

磨耗によりバリが生じてしまうとのことで、
製品部と反対の面に肉盛りするという補修をおこないました。

写真のような曲線を含めた形状も、角にかかることなくお客様ご指定の十分な肉盛り量で
溶接が可能です。
レーザーによって精密な溶接が可能になるため、金型の0.1mmの隙間によるバリ補修等
多くのご依頼をいただいております。

静岡県は樹脂金型関連の会社様が多く、弊社も多くのお客様とお取引させていただいております。
丁寧に溶接させていただき、短納期で対応させていただきますので、
ぜひ弊社にご相談ください!

レーザー溶接後

コメント


認証コード8378

コメントは管理者の承認後に表示されます。