樹脂金型へのレーザー溶接補修

こんにちは。

本日は、樹脂金型へのレーザー溶接による補修例をご紹介します。

写真のような金型の末端部分がかけてしまったため、肉盛り溶接にて復元しました。
周りの合わせの部分を見て、仕上げ中に肉盛りが足りないと再溶接が必要になるため、
お客様のご要望通りの十分な肉盛り量で溶接させていただきました。

このようにかけてしまった部分の復元では、欠けた先端から〇mm分肉盛りしてほしいという
具体的な数値で指定される場合は少なく、長年のお付き合いからお客様との会話の中で
仕上げ加工の方法等をお伺いし、こちらで必要分を溶接する、という形が多いです。
弊社は金型を熟知した職人が多く在籍し、お客様と詳細を事前に打ち合わせさせて
いただくので、ご満足いただける形で納品することが可能です。

溶接前

レーザー溶接後

コメント


認証コード4926

コメントは管理者の承認後に表示されます。