アルミダイカスト金型へのハイブリッド溶接

こんにちは。

本日は、アルミダイカスト金型へのハイブリッド溶接をご紹介します。

金型の棒状の凸部分の根本にクラックが生じ、
棒が根本から折れて製品であるアルミ鋳造品に付着してしまったとのことです。
15.0mmほどある棒状の凸形状を復元しなければならないため、
はじめにレーザーで溶接し、アルゴン溶接で大量の肉盛りをしております。
棒の内側は空洞になっており、冷却用の水が通るためクラックが生じやすい箇所です。
アルゴン溶接をした後のものを見るとレーザー溶接した部分は
ほぼ隠れてしまっていますが、ヒケなどの溶接不良防止や周辺に溶接が
絶対にかからないよう指示がある場合など、レーザー溶接と組み合わせることが
とても重要です。
弊社ではアルゴン、レーザーともに熟練した職人が在籍しており、両方のメリットを活かした
ハイブリッド溶接を得意としています。
ぜひお試しください!

アルゴン溶接後

レーザー溶接後

金型が付着してしまったアルミ鋳造品

コメント


認証コード6037

コメントは管理者の承認後に表示されます。