樹脂金型の補修レーザー溶接

こんにちは。

本日は、樹脂金型へのレーザー溶接補修例をご紹介します。

写真の矢印部分にある0.1~0.2mmほどの凹みを上面から5.0mmほどの深さまで
溶接で埋めてほしいとのご依頼で、向かい側の壁には溶接がかからないように
とのご指示でした。
向かい側の壁に溶接がかからないよう、初めに肉盛りで壁をつくり、
その後乱反射で凹み部分を溶かしながら埋めていく、という作業手順で溶接しました。
溶接棒はNAK80を使用しました。

レーザーが直接照射できない部分への溶接のため、担当する技術者から
「ここにある溝を埋めるんだよ」と教えていただいた時は、
「見えない部分なのに出来るんですか?」と思わず聞いてしまいました。
乱反射を利用して溶かし込むという説明を受けて、何百、何千という溶接を経験した
熟練者だからこその提案でとても素人の私には思い浮かびませんでした。
お客様のご要望通りの溶接で納品することができ、また当日中にお渡しすることができました。

弊社は高品質な仕上がりと短納期の実現で多くのお客様にリピートしていただいており、
長くお付き合いさせていただいている企業様がとても多いです。
一度弊社に任せていただいたら、必ず「次も松永さんにお願いしたい」と
思っていただけると思います。
難しい案件も、ぜひ弊社にご相談ください!

溶接前

溶接後

溶接後 真上から

コメント


認証コード0581

コメントは管理者の承認後に表示されます。