ダイカスト金型へのレーザー溶接

こんにちは。

本日は、ダイカスト金型への補修ごご依頼がございましたので、ご紹介します。
「金型を挟んで潰れてしまったので補修してほしい」とのご依頼でした。
金型の製品部の角にあたる部分が、10.0mmほど潰れており、製品部のため
レーザーで溶接いたしました。
金型の母材はSKD61、溶接棒はMAS1を使用しています。

県内の遠方のお客様ですが、量産品の生産ラインで使用している金型のため当日中に
溶接を終わらせてほしいとのことでしたので、工場内でお待ちいただき、
すぐに作業させていただきました。
無事数時間後にはお渡しすることができ、明日中に加工をして生産ラインに戻す
とのことです。
3カ所ほど潰れてしまっており溶接が必要で、写真の部分は肉盛り量も多かったのですが、
丁寧でスピーディーに仕上げることができました。
短納期でのご依頼も、お電話、メールでお問い合わせいただきましたら、
すぐに対応させていただきます!

ダイカスト金型へのレーザー溶接

レーザーによる金型補修

コメント


認証コード1077

コメントは管理者の承認後に表示されます。