鋳物へのレーザー溶接も承ります!

こんにちは。

本日は、鋳物へのレーザー溶接について、ご紹介します。
工作機械の部品である製品についてしまったキズを補修してほしいとのことで、
溶接のご依頼をいただきました。

今回の鋳物への溶接では、ニッケルの溶接棒を使用しています。
溶接箇所を
リューターで研削し、溶接はより密着するよう空打ちをしてから肉盛りしています。
普段多くご依頼いただいている金型鋼材に比べて溶接の密着性が弱いため、
より丁寧な溶接技術が必要になります。
写真の溶接は、現在入社2年目を迎えたスタッフが溶接しました。

弊社では金型への補修だけでなく、工業部品や医療機器への溶接など
様々や形状、材質に柔軟に対応させていただきます。
「ここを溶接で接合してほしいな」
「こんな溶接できるのかな」
とお悩みのお客様、ぜひ一度ご相談ください!

y溶接前

レーザー溶接にて枠づくり

肉盛り溶接

コメント


認証コード8540

コメントは管理者の承認後に表示されます。