レーザーによる肉盛り溶接

こんにちは。
本日ご紹介する写真はこちらです。

レーザー溶接後

弊社は金型への肉盛り溶接を主な事業とし、毎日多くのお客様から金型を
お預かりしています。
溶接前に補修箇所を見ると、どの方向で刃物が動いて加工されているかが
わかります。
弊社は、その刃物の目に合わせた肉盛りをおこなっています。
上写真については、長手方向に施工を進めた方が作業性が良いのですが、
刃物の目の方向に合わせて溶接しているのがお分かりただけますでしょうか。
加工の目に合わせず作業性のみを追求して作業を進めると、
溶接後に仕上げていただいた際に、色むらが生じたり、加工不良が
発生する
原因となることがあります。
そのため、お客様からの指定は特にはありませんが、社内で統一して
このように肉盛りしています。
複雑な形状部ではなく平面での肉盛りでも、気を付けなければならないこと、
溶接後の加工のためにより良い方法は沢山あります。
お客様から加工後の評価を伺いながら、より精密で、より美しい溶接を目指して日々精進しています。

コメント


認証コード4175

コメントは管理者の承認後に表示されます。