レーザー溶接による入駒補修

こんにちは。

金型の駒への肉盛り補修をおこないました。
アルゴン溶接での溶接をお客様は検討されていたのですが、下に四角い抜き穴があり、そこに駒が入るため変形してほしくないとのことでした。
さらに四角い穴との間に丸穴もあります。
アルゴン溶接による変形を考慮し、レーザー溶接による肉盛りを
提案させていただきました。
こちらの写真は、最終的に仕上がった状態の溶接後です。

レーザー溶接後

この状態でも肉盛り量としては問題ないです。
その前段階が下の写真です。

肉盛りしたままの状態

弊社では、肉盛りした後に空打ちで仕上げることで、
より肉盛り部の密度を高め、ピンホール等不良の発生を最小限に
しています。
このひと手間があるかどうかで、加工後の仕上がりが大きくかわります。

コメント


認証コード9445

コメントは管理者の承認後に表示されます。