プレス金型へのレーザー溶接補修

こんにちは。

先日、プレス金型へのクラック補修のご依頼をいただきましたので、
ご紹介します。

スライド駒が通る枠部分にクラックが生じてしまったとのことで、レーザーにて溶接しました。
クラックの隙間に金属カスがつまっているため、丁寧に除去し、
表面にレーザーで溶接しただけでは強度が足りないと判断し、社内でリューターで
研削して開先をとってから溶接しました。

かなりの肉盛り量になりましたが、形状への熱影響を考慮しアルゴンではなく
レーザーで溶接させていただきました。

こちらは引き取りした当日に納品しなければならないお品物だったため、
早急に対応させていただきました。
高出力のレーザー溶接機を使用し、大量の肉盛りもその日のうちにお客様のもとへ
お届けすることができます!

溶接前

溶接後

コメント


認証コード8923

コメントは管理者の承認後に表示されます。