ランナー廃止のための溶接

こんにちは。

本日は、アルゴン溶接のご紹介です。
樹脂金型でランナー位置を変更する場合があります。
樹脂の流れを止めるため、元のランナーを廃止するという溶接のご依頼をいただきます。
スプルー穴の精度が高いため、その穴の形状へ影響のない位置で最小限の溶接をご希望でしたので、
お客様からご指定いただいた位置でアルゴン溶接を施しています。
ランナー全てを埋めてしまう場合もありますが、今回はお客様のご要望通り、
一か所のみの溶接とさせていただきました。

溶接前

溶接後

コメント


認証コード5152

コメントは管理者の承認後に表示されます。