樹脂金型の立壁部分へのレーザー溶接

こんにちは。

本日は、樹脂金型の入駒へのレーザー溶接をご紹介します。

面での肉盛りが必要な箇所があり、周りの立壁には溶接がかからないよう
面のみ溶接してほしいとのご依頼です。
また上面は製品部のため上面との角には溶接がかからないようにと指示があり、
そのようにしています。
まず乱反射する可能性のある立壁に近い角をつくり、
そのあと面で肉盛り溶接しています。
立壁に囲まれており、レーザーの照射角度、シールドガスの当たる位置調整など
作業者の技術力を要する溶接です。

年末に向けて溶接のご依頼も多くいただき、工場内は活気であふれています。
1点1点丁寧に仕上げておりますので、ぜひ弊社にお問い合わせください。

レーザー溶接での角出し

面での肉盛り溶接

コメント


認証コード9439

コメントは管理者の承認後に表示されます。