樹脂金型へのハイブリッド溶接

こんにちは。

本日は、樹脂金型へのアルゴン溶接とレーザー溶接の併用例をご紹介します。
成形中に破損してしまった金型へ、ヒケ防止のために境い目をレーザーで溶接した後、
アルゴンによる肉盛り溶接で高さを出して形状を復元しています。

大量の肉盛りが必要な際にアルゴン溶接のみですと、溶接熱が高くヒケが生じてしまう
可能性があるため、溶接不良のないよう弊社ではレーザー溶接と併用し、仕上げています。

11月1日は弊社の創業記念日です。
2009年に創業し、多くのお客様に支えていただき本日を迎えることができました。
これからも「温故知新」の企業理念のもと、従業員一同日々努力してまいります。

溶接前

ハイブリッド溶接後

コメント


認証コード0394

コメントは管理者の承認後に表示されます。