大型鋳物へのアルゴン溶接

こんにちは。

本日は、大型鋳物製品へのアルゴン溶接の作業風景です。

仕上げ段階で加工不良が起こってしまった鋳物製品へ
アルゴン溶接をおこないました。
製品の素材はFC250で、ニッケル系の溶接棒を用いています。

鋳物は密着が弱く、割れやすいため、きちんと予熱、後熱をし、
徹底した温度管理のもと溶接をおこなっています。

弊社では今回のご注文品のように、4t近い大型のものでも
安全に積み下ろしができ、丁寧な取り扱いで安心して預けていただけます。
大型の金型や金属製品も、ぜひ弊社へご相談ください!

アルゴン溶接

溶接作業風景

コメント


認証コード2451

コメントは管理者の承認後に表示されます。