溶接技術の習得について。

週末に金型におけるアルゴン溶接の大量肉盛りの
ご依頼がございました。誠に、ありがとうございました。

アルゴン溶接は、温度管理が重要です。
溶接前の予熱に始まり、溶接中の常温をキープする入熱、
溶接後には焼きなまし温度の管理など、多岐にわたります。

弊社は、私がレーザー溶接から商売をはじめ、
アルゴン溶接、現在はロー付けも勉強中です。
時代に逆らって、過去の技術を習得中です。

少しでも多くの溶接を通して、もっともっと溶接が上手になりたいです。

本日の写真は、ダイカスト金型における湯あたりの摩耗部への
レーザー溶接写真と、丸ボス形状をΦ1.0広げる設計変更への
レーザー溶接写真です。是非ともよろしくお願い申し上げます。

湯あたりの摩耗部へのレーザー溶接

丸ボス形状をΦ1.0広げる設計変更へのレーザー溶接

コメント


認証コード9704

コメントは管理者の承認後に表示されます。