お詫び。

先日の両国国技館の展示会では、
多くのお客様にご来社いただき、
誠にありがとうございました。

今年は、9つの展示会に出展させていただきました。
多くの出会いがあり、大変有意義な展示会でした。
来年も多くの展示会に出展させていただきます。
是非ともよろしくお願い申し上げます。

さて、先週の金曜日の夕方に新規のお客様から連絡が入りました。
金型ベースの溶接で、結構大量なアルゴン溶接であり、かつ短納期でのご依頼でした。
私は、初めての遠方のお客様で、そのお客様の金型構造も把握してなく、
どのような機械設備を所有しているのか等、わからないことが多く、
結果的にお断りをしてしまいました。
大変胸が痛む思いでした。

溶接は、突発的に発生するものですが、弊社としての考え方としては、
まずは簡単な溶接作業をお願いしたいです。それによって、弊社の溶接技術力や、
お客様自身の仕上げ方を調べていきたいです。大変恐縮ではございますが、
そのような形でリスクの少ないものから少しずつお願いできないでしょうか?
今回は、その他バイク部品の溶接も遠方からのお問い合わせでしたが、
事情を説明してお断りさせていただきました。
そのような形で多くのお仕事をお待ちしております。
是非ともよろしくお願い申し上げます。

本日の写真は、深いリブの中の写真です。
ぜひとも他社でできない難しい溶接をお待ちしております。

リブの中の写真

リブの中の写真

リブの中の写真

コメント


認証コード7986

コメントは管理者の承認後に表示されます。