アルミ、銅合金の肉盛りについて。

今週もたくさんのお仕事をありがとうございました。
レーザー、アルゴン溶接共に充実した一週間でした。

特に、アルミや銅合金のレーザー溶接が多かったです。
アルミや銅合金は、熱伝導率が高いため、レーザーの出力を
最大限まで上げなくては溶接棒を溶かすことができません。
弊社は300Wのレーザー溶接機を3台保有しているため、
他社ではお断りされるような困難なアルミや銅合金を肉盛りすることが可能です。
30.0mm角を2.0mm仕上がりで肉盛りをすることもありました。
機械にも作業者にも大きな負担になる大変な作業でしたが、
お客様が喜んでくれると思い、受注させていただきました。

年末まで残り3週間、さらにスピードアップして溶接作業に挑戦していきたいと思います。
本日の写真は、回転冶具を使ったアルゴン溶接となります。
量産ものも対応可能です。是非ともお問い合わせください。

回転冶具を使ったアルゴン溶接

量産ものも対応可能


コメント


認証コード4426

コメントは管理者の承認後に表示されます。